費用相場について

パソコン修理

データ復元を業者に依頼する場合、費用がどれぐらいかかるのかということが気になる人も多いでしょう。しかしデータ復元の費用というのは、依頼する業者や、症状の種類・程度でも変わってくるため、それらの条件によってかなり幅が出てくるということが言えます。ハードディスクの場合は、比較的軽い症状である論理障害と、重い症状である物理障害という主に2種類に分けることができ、その症状の種類によって費用が大幅に変わってきます。論理障害とは、ハードディスク自体に損傷はないものの、誤ってデータを消してしまうなどして、データが閲覧できない状態になることであり、復元費用は1万円~5万円程度が相場です。しかし論理障害は、症状がより軽いものであれば専用ソフトを使って自分で復元することも可能であり、その場合は無料で復元することも可能です。そして物理障害は、破損や水没などによってハードディスク自体が損傷を受けたためデータにアクセスできない状態であり、復元費用は4万円~数十万円程度が相場になります。物理障害の場合は自分で修理するのはほぼ不可能なので、ある程度高い費用がかかることになりますが、大抵は10万円以内で済むケースが多いとも言われています。他にも、USBメモリやメモリーカードといった記憶媒体については、1万円~10万円程度が相場であり、症状や記憶容量によって値段が変わってくると言えるでしょう。

サービス内容について

パソコン修理

そもそもデータ復元というのは、障害が発生したハードディスクなどの記憶媒体からデータを取り出すサービスのことを指します。よく似たものにメーカーの修理サービスというものがありますが、こちらはパソコンなどの機器の機能を回復させることを目的としたサービスになると言えるでしょう。ですので修理に出すと、機器を再び使うことができるようにはなりますが、多くの場合データは破棄されてしまいます。しかしデータ復元のサービスでは、データを取り出すことが第一の目的になっているため、メーカー修理とはサービス内容がそもそも違うというということをよく知っておきましょう。データ復元業者のサービス内容については、先ほども紹介した論理障害から物理障害まで幅広く取り扱っているのが特徴であり、データの復元に関するさまざまな症状に対応してもらえるということが言えます。費用は決して安くはありませんが、絶対に失いたくないデータがある場合は、自分で対処するよりも専門業者に依頼したほうが安心です。

広告募集中